この場合はサインをもらうのが難しい、あるいは、このくらいはサインはいいでしょう、という思いが、見事に的を外します。