私は、このノートを私のあとに繋がる人に、そっくり遺していくことを改めて決意しました。