そんな心もとない決め方で私は物事を決めてきたのです。それが西心流発想なのです。