“やのくに”という形が、だんだんと整ってきています。
人の悲しみをどのようにして埋めていくことができるか、ということに本気で取り組んでいきたいと思います。