ここで、だから経営なのです。
経営から経済へ、経営から雇用へという流れを作らないと、悲しみは解消されません。