その二つの悲しみを解消する、それをやりつづける国、念いだけでつくる境界線のない国、“やのくに”という国を創っているのです。