日本全国いろいろなところで、いろいろな事があるけれど、“やのくに”に来るとその部分、将来の形が見えるようにしたいのです。