“やのくに”をみて、そういう形だったら何とかなるんじゃないか、と思える場所にしていきたいと私は考えているのです。