すると、どこに住んでいても、ちゃんと生きていける生き方というもの、それをまず提案しなければいけないという方向性が見えてきたのです。
経済の面から見るとそう思います。