この二つの大きな悲しみを解消することに、私は事業経営の指針を合わせてやっていこうと考えます。