しかし人生の最期には、誰が何といっても、この世を去っていくのは間違いないのです。